『ブラック クローバー』ページ164 kouのアニメシリーズ

f:id:koumeix:20210224162417j:image

こんにちは kouです。

 

 

 

『ブラックストーン』ページ164「戦場 ハート王国」

 

前回のおさらい。

・グレイの謎の魔法

・ヤミ団長がダンテへ致命傷

・ハート王国が劣勢

 

 


悪の気にのみ込まれているアスタが目を覚ましますが、ゴーシュが負傷した後の記憶がありません。ゴーシュの身を案じていましたが、ゴーシュの気を感じる事ができアスタは少し安心します。

 

 

一方で、ヤミ団長はダンテに致命傷を与え、勝負がついたかのように見えましたが、ダンテの笑い声と共にダンテの傷がみるみる消えていきます…。

 

 


無敵かよ(-_-)

 

 


「嫉妬、怒り、憎悪…たまらないねぇ。」

 

とか言い出し、語り出したダンテ。

 

 

「やめろやめろ、気持ち悪りぃ。このイカれおしゃれヒゲが」


と、ヤミ団長らしい言葉。

 


冥府と繋ぐ鍵と言われても何も知らないし、そんな力はないと言うヤミ団長でしたが、この世界を冥府と繋ぐにはヤミ団長のヤミ魔法と、ヴァンジャンス団長の世界樹魔法が必要らしく、もし冥府と繋がったら冥府から悪魔がわしゃわしゃ流れ込んでくるとの事。


それが夢のような世界というダンテって…。

 

 

 

その話を聞いたヤミ団長は、ここで倒さないとと剣を構える。

 

 


ヤミ団長!血管が浮いてて素敵です!

 

 

 

その頃、ハート王国では…。

 

ハート王国でグルメ三昧をし、ころっころに丸くなったチャーミーや、レオポルドがそれぞれ援護に向かっています。


2人共苦戦をしますが、チャーミーはチャーミーらしい方法で、レオポルドはレオポルドらしい方法で、それぞれ敵を倒します。


久しぶりにチャーミーのもう一つの姿を見たけど、どっちも可愛い(´∀`)

食べ物の恨みは怖いと言いますが、チャーミーだけは食べ物で怒らせちゃいけませんね。


レオポルドは、自分の兄弟があれだけの力を持っていると潰れてしまう人が多いのに、ずっと諦めずに高みを目指し続けている。

相当という言葉では足りないくらいの忍耐力と、強い心が彼の限界を超えることが出来たのかもしれません。

 

精霊守のガジャも敵を倒し、各地に散らばっていたダークディサイブルの討伐に成功。

 

 

女王の間では、ロロペチカとノエルとミモザがその様子を確認し、少し安堵した様子。


ロロペチカは、格上だった相手を前にしても、クローバー王国の魔法騎士は実践の中でこそ進化すると感心していたその時、壁を突き破って敵が襲ってきますが、対策をしていたミモザに一瞬で倒されます。


相手の名前はわかりませんが、気持ち悪い敵でした。


しかし、安心している暇もなく禍々しい魔力と一緒に現れたのは、ヴァニカだった…。

 

 


( ;´Д`)逃げて!かわい子ちゃん達!!!

 

 

 

ヤミ団長とイカれおしゃれヒゲの戦いは一体どうなるのか、自己回復までしてしまうなんて…一筋縄ではいかなそうです。

 

 

ハート王国側での戦いでも、悪魔の力を分けてもらったダークディサイブル達の討伐に成功はしたものの、かなり苦戦しましたね。

精霊守もガジャ以外は負け、クローバー王国の救援に向かった者たちも、かなり負傷しました。


ダークトライアドの子分でこの強さですから、ダークトライアドのヴァニカの強さは計り知れない…。そしてこのヴァニカは、ロロペチカに命を奪う呪いをかけている本人でもあり、ノエルの母もまた、このヴァニカに命を奪われています。

 

 


3人でこの状況を乗り切る事ができるのでしょうか。

 

 

 

ということで、次回ブラッククローバー

ページ165「水の聖域」

 

 

 

 

 

かわい子ちゃん達頑張れ!o(`・ω・´)o

『進撃の巨人』The Final season 第70話 kouのアニメシリーズ

f:id:koumeix:20210222232202j:image

こんにちは、kouです。

 


進撃の巨人』 第70話「偽り者」

 

前回のおさらい。

・2年前の出来事

・ヒィズル国との初の外交

・2年前のエレンはまだいつものエレン

 

 


ガビは仮病を使って、心配して駆けつけた監視役を殺しファルコと脱獄をします。

 

2人で必死に逃げながらガビとファルコは言い合いを続けるのですが、ガビはファルコの話に聞く耳も持ちません。


観ていて、子供とはいえ正直、ガビにイラッとしてしまう程です。

 


ここまで来ると完全に洗脳されている状態で、ファルコが頭がおかしくなったんじゃ無いかと疑うのもわかる。

子供にここまでの植え付けをするなんて…。

 

逃げていた2人は声を掛けられるんですが、そこでもガビは警戒を解きません。

どれだけ優しくされても、パラディ島の人を悪魔としか見ていないんです。


逃走の身だから色んな疑念をもったりするのはわかりますが、必死でフォローしようとしてくれてるファルコの事なんて一切考えず、素性を知らない2人に食事まで提供してくれようとする相手の事も一切見ようとせず、なんなら殺してしまいそうな勢い。

 

 

家に案内され、ファルコとガビは兄弟と嘘をつき、ベンとミアと言う名前だと自己紹介する。


パラディ島の人間は悪魔だと思っているカビにとって、一緒に食事する事すら苦痛で手が震えていました。

 

 

 

なんか、この南国訛りのおじさんと奥さんみたいな人…どこかで…

 

 


( ゚д゚)ハッ!!!

 

 

 

(つд⊂)ゴシゴシ

 

 


( ゚д゚) ゚д゚) ゚д゚)!!!!!

 

 


68話で出てきた、サシャのご家族じゃない?

 

 


このブログを書いてる時に気づいた私。


まって。

知ってるの?この人達。ガビがサシャを殺したって知ってて保護してるの!?


だからみんな影のある顔してるの?


知らないにしても、運命が恐ろしすぎる(語彙力)

 


|ョ゚Д゚;))こっわぁ…。

 

 

 

カヤが2人はマーレの子達だとわかっていて保護した理由が、切なすぎます。


カヤが目標にしている人がサシャで、そのサシャの命を奪ったのが保護したガビ。


カヤやサシャのお父さんはガビがサシャの命を奪った事に気付いてないけど、マーレの子達というのがわかってるからみんな影のある顔をしていたのか。


この事実を、サシャの家族が知ってしまうのでしょうか?サシャの家族には知られて欲しく無いと思う反面、ガビは知るべきだと思ってしまう私。


もしガビがこの事実を知ったとしても、悪魔だから当然の報いだ!と言うのかな…。

 

 


ファルコはエレンとライナーのやり取りを聞いて、なんとなく色んな事に違和感だったり、自分の国が一方的な被害者ではなく加害者でもあると言う事を感じているのだと思います。

そして、人を人として見ている。


一方でガビは、どこか違和感を感じていたとしても考えを変える事ができないと言うか、受け入れられないんでしょうね。

ここまで人の優しさに触れてもなお、パラディ島の人間を悪魔だと思い、人を人として見ないガビをみて、教育とは恐ろしい武器になるのだと思いました。


ガビの精神が崩壊してしまうのではないかと心配でもあり、育った環境に同情する気持ちと、さっさとマーレに帰ってくれ!と思う気持ちで複雑です(´・ω・)

 

 


お互いにお互いの正義があり、そして真実は一つのはずなのに一つじゃない。

真実は、当事者にしかわからなくて、立場によってその真実の内容は全く違うものに変わってしまう。


色んな視点や立場に置き換えてから物事を見る事ができたなら、違った世界がみえるのかもしれませんね。

 

 


ということで、次回の『進撃の巨人』は

「導く者」

『ブラック クローバー』163ページ kouのアニメシリーズ

f:id:koumeix:20210221165840j:image

こんにちは kouです。

 

 

 

『ブラックストーン』163ページ「ダンテVS黒の暴牛団長」

 

前回のおさらい。

・クローバー王国の黒の暴牛団のアジトと、ハート王国にスペード王国から襲撃

・ゴーシュが重傷

・アスタの悪魔の力が暴走

 

 


アスタとダンテが交戦中ですが、ゴーシュが危険な状態です。


ゴーシュの側で何にもできず、泣く事しかできないグレイ。グレイにとってゴーシュは、凄く大きな存在だったんですね。

 

しっかし、グレイの極度の恥ずかしがり屋の原因が可哀想すぎる…グレイの方がぜんっぜん可愛いですから!!何なの!?あの人達o(`ω´ )o

 

 

 

ゴーシュを助けたいと言う強い想いから、グレイに新しい魔法が…。

 


ゴーシュに刺さっていた剣が消え、傷が塞がっていきます。

 


変身魔法しか使えなかったグレイの新しい魔法ってなんだろう…岩をエリクサー(万能薬的な物)に変化させちゃうような魔法なのかなぁ?それとも一時的に健康だった状態へ変身させてるとか?

 

謎ですが、ゴーシュが一命を取り留めたようで、ちょっと安心しました。

 

 


グレイの魔法にバネッサが驚いていると、アスタが落下してきますが…そのまま動きません。


ダンテもまた、グレイの魔法に驚き…

 

 


「2人共…私の女になりなさい」

 

 


( ˙-˙ )…。

 


言葉も出ません。

 

 

 

その瞬間

 

「ぅおいっっ!うちのもんになに手ぇ出してんだ」

 

 


きたぁあああ!ヤミ団長だぁああああ!!!


少し足短いけど、私の大好きなヤミ団長。団長を拝みたい一心でブラクロ観てると言っても過言ではないくらい魅力的な方です。

 


ヤミ団長の強さに歓喜のダンテと私。

 

 

面白い状況じゃ無いはずなんだけど、ヤミ団長とダンテのやり取りが面白い。ヤミ団長ってピリピリした空気感を和ませる能力も長けていると思うのは私だけでしょうか。

 

そしてダンテはヤミ団長に失礼な事を言った挙句、バネッサとグレイはもうダンテの物で、「これから私の元で私の為に役立ってもらう」と言い出します。

 

 


┐(´д`)┌

 

 


ナルシストな上にどんだけ勝手なの笑

なんとしても…ヤミ団長には勝ってもらいたい!!!

 

 

そして…ヤミ団長はカウンターのような技を放ち、ダンテは致命傷を負います。


さすがヤミ団長!今回は特にヤミ団長がかっこいい事ばっかり言う!!何回巻き戻したことか…。

 

 

 

その頃…ハート王国では、ガジャ以外の精霊守は襲撃に耐えきれず、各地で倒れていた。

 

援護に向かったラックはヴァニカの手下のひとり、スヴェンキンと遭遇する。


スヴェンキンは皮膚魔法使いのおねぇで、相手の魔法属性に合わせて皮膚を変質する事ができ、雷属性魔法を使うラックには厄介そうな相手。

 

ラックは苦戦しながらも少しずつ修正していき、おねぇを倒します。


ラックもまた限界を超えたのですね!


戦う事以外に無関心だと思っていたラックが、人としても成長している姿を垣間見る事ができて、おねーさんは嬉しい。

 

 


今回はヤミ団長とグレイとラックが大活躍でしたが、まだまだハート王国にはヴァニカ率いる強敵達がいます。

戦力が大幅に削られた今のハート王国の現状では厳しそうな気がしますが、どうなってしまうのでしょうか。


個人的には…ヤミ団長がハート王国に来て何週かにかけてみんなをやっつける!という、夢の展開を期待しています(о´∀`о)

 

 

 

ということで、次回ブラッククローバー

164ページ 「戦場 ハート王国」

 

 

 

 

 

 

もしかして、164ページじゃなくって、ページ164?

『Dr.STONE WARS BEGINNING』第2期 第6話 kouのアニメシリーズ

f:id:koumeix:20210220130239j:image

こんにちは kouです。

 

 

 

Dr.STONE』第2期 第6話「PRISON BREAK」

 

 

前回のおさらい。

・スチームゴリラの大改造

・クロムを幽閉している周りには対千空用の罠

・クロムは脱獄を決意

 


はたして、クロムは脱獄を成功させる事ができるのでしょうか?

 

 

 

司帝国では、千空達のクロム救出に備えるため、司は牢とその周辺の罠の管理をある人物に任せる。


旧世界で警察官だった彼は警察をクビになったものの、警察内の格闘大会・警棒部門で優勝をした事もあり、強くて危険な元警察官の"陽(よう)"。

 


手強そうです。でも、やらかしてくれそう( ´ ▽ ` )うぇーい


現在の司帝国では、司・氷月・羽京の3TOPと言われていて、俺も入れて四天王でしょ!と思っている陽。今回の牢屋番で"ビシッと決めてマウントを取りたい"とやる気マンマンなだけに絶対失敗したくないみたいですね。

 


陽の登場に少し焦りを感じたクロムは、とりあえず素材集めを開始。トイレの時に監視の目を盗み、木の枝や雑草など拾っていく。

 

科学とかさっぱりな私には、これで脱獄なんて全く想像できません。

 

 

木の枝で火起こしに挑戦してみるものの、そんな簡単に火を起こせるわけもなく火起こしは失敗。

 

クロムが眠っていると顔に何かが…目を開けると電池があり、大興奮のクロム。


大興奮のクロムは電池を使って縄を焼き切ろうとしますが、秒でバレます。

 

 

いくらなんでも、夜に火なんてバレるに決まっとるやんか( ;∀;)

 

 

 

陽にどうやって火をつけたのかと聞かれ、電池がバレてしまうのではないかと焦るクロムでしたが、陽の重なる勘違いのお陰でなんとか凌ぐことができるんです。


陽に、原始人だの科学使いってそういうレベルの話だの子バカにされ、ムッとするクロムだったがそれを逆手にレベルの低い科学使いのフリをする。

 


いつものクロムだったら自分の知識をこれ見よがしにおひろめしていたと思いますが、能ある鷹は爪を隠すタイプに大成長!

 


「火でぇ〜海の水を沸かすとぉ〜お塩とかゲットできるんだぜ!」

 

 

その言葉に陽達は大爆笑。そして陽はクロムに、

 

 

「海の水で脱獄、楽しみにしてる」

 

 

と、笑いながら去っていく。

この言葉がクロムにとって脱獄のヒントになるとも知らずに…。

 

陽にヒントをもらったクロムは千空の科学レシピを思い出し、クロムらしい方法で脱獄の準備をはじめます。

 

そしてクロムの作戦は成功し、脱獄開始!

 

 

「檻の中に熊がでたぞー!!」

 

 

いるわけがない。

 

 

人って想像もしない事や、非現実的な事を言われても、一瞬考えてしまいますよね。

人の心理をゲンから学んでいたとは…。

 


一気に牢を飛び出し、罠の位置を覚えていたクロムは軽々と罠を避け逃げていく。


必死に逃げるクロムでしたが、やはり陽は一筋縄ではいきません。

 


しかし、クロムも一筋縄ではいかない!

 

 

驚きの方法と唯一の技で切り抜けますが、私も観ていて陽と同じくらい焦りました(;´Д`A


あんな事言われたら…ストーンワールドでは死が直結してしまって、冷静な判断なんて出来ませんよ。

 

 


その後、逃げるクロムをこはくが見つけ、無事に合流!

 

合流後、みんなを驚かせるクロム。

 


んもうっ!騙されたわっ!!

 

 


クロムが脱獄成功した事により、スチームゴリラも使い捨てにならずに済んで、誰も傷付かず(陽ごめん)一番良い結果となりましたね。

 

 

でも、あの電池は一体誰がクロムの元へ持ってきてくれたのでしょう?


クロムは大樹達だと思っていましたが、私の予想は羽京君なんですよね。


・没収されている物の場所を知っている。

・夜に外を歩いていても怪しまれない。

・助けてくれそう


この条件を1番多く満たすのは、大樹・杠・ニッキー・羽京君・氷月の5人の中だと羽京君しか思えないんです。


羽京君であってほしい!!仲間になって欲しい←希望。


はい。

 

 


という事で次回の『Dr.STONE』は

「極秘のミッション」

 

 

 

 

 

(・×・)

『進撃の巨人』The Final season 第69話 kouのアニメシリーズ

f:id:koumeix:20210217111049j:image

こんにちは、kouです。

 

進撃の巨人』 第69話「正論」

 

 

 

前回の放送のおさらい。

・3年前の回想

・アルミン・ミサカ・エレンのそれぞれの葛藤

 

 


今回は、エレンの「戦え…戦え…」と鏡の前の自分に向かって呟いているシーンから始まります。

 

ハンジは色々と質問責めをしますが、その時のハンジの目が恐ろしい…。真顔で淡々と煽りまくります。


エレンの行動がわからないけど、何かあるはずと何処かで信じたいと思っている反面、調査兵団団長としての重圧だったり、色んな想いが混在しているのかもしれませんね。

 

 


3年前にパラディ島に来たイェレナ達によって、1年後には港が完成し、エレン達は初めての外交をする事になるのですが、その相手のヒィズル国(日本っぽい)から来たキヨミさんは何とも怪しい人…。


一瞬良い人達なのではないかと思いましたが、私には好感は今のところ持てませんでした。

外交する上である程度のメリットが必要とだお思うのですが、パラディ島側にデメリットが多すぎる気がするんですよね。

 

 


この頃はまだ、エレンはいつものエレンだったのになぁ…(´・ω・`)

 

 


その後エレンは単独行動をしたうえに、調査兵団も巻き込んで、マーレへの惨劇を起こします。この件で数多くの命が消え、パラディ島を危険に晒す事になりました。


エレンの変化に疑問を持つハンジはエレンに問いますが、エレンは答えるどころか…ハンジを脅します。


その現実に恐らくハンジはどうして良いのかわからなかったのでしょう。扉の向こうで頭を抱え込んでいました。

 


ハンジは色んな想いを持ってエレンに会いに来たんだと思います。それなのに、エレンときたらっ!!あんな態度とるなんてっ!!!

 

 

腹ただしい気持ちと、エレンの中でよほど何かあったのだろうと心配になりますね。

 

 


そしてまた2年前の回想に戻り、みんなの仲の良い様子や、エレンがみんなの事をとても大事に思っている様子が垣間見れます。

 

同じ希望を持ち、同じ方向を見る事はもう無いのでしょうか。…もしくは、ゴールは同じ所だけど道の進み方が違うだけであってほしい。

 

 


…ただ、ヒストリアはこの時すでに犠牲になっていたのかも知れません。

 

 


エレンに対して不信感が生まれはじめた、コニーとジャン。


どんな事があってもエレンを信じるミカサ。


冷静に考察するアルミン。

 

 


みんなが元に戻れる日は来るのでしょうか?


エレンの寿命が尽きる前に。

 

 

 

ということで、次回の『進撃の巨人』は


「偽り者」

 

 

 

 

 

だれやーーっっ!!!o(`ω´ )o

『Dr.STONE WARS BEGINNING』第2期 第5話 kouのアニメシリーズ

f:id:koumeix:20210213114151j:image

こんにちは kouです。

 

 

前回のおさらい。

蒸気機関の完成!

・クロムピンチ

・羽京くんに仲間になってほしい(私の希望)

 

 

 

ついに!改良を重ねた"スチームゴリラ号"が完成!

 

 

なんかわかんないけど、かっこいい!!!

 

なんかわかんないけど、かっこいい!!!

 

と、村の男達は大興奮。

 


どの時代でもこういう物に男性の心はくすぐられるのかも知れません。

 

 

 

村に残る人達に必ず勝利して戻ってくる事を誓い、司帝国へ出発しはじめた千空達。

しかし、次々と難問が。

 


スチールゴリラ号の再改造!&再々改造!

 


再々改造の内容にみんなも不安になり、私も勝手に不安になりますが、着々と完成させていく千空。

 


出来上がったのは、え?なにそれ、あかんやろ…ってなるようなやつ。

スチームゴリラ号に紙を貼ったんですよ千空ちゃん。紙ですよ?奥さん!紙でどうしろって言うんですか!?お遊戯会じゃ無いんですよ!!


いくらアニメの世界でも…と思っていたのですが、無駄な心配でした。


紙を貼るのりに秘密があったんです!なんと、またここで凄いものが爆誕してしまいます。千空様、疑ってすみませんでした!

 


そんなこんなで、スチームゴリラ号の大幅なパワーアップに大成功し、準備万端です。


そんなに時間に余裕を持ってて良いのかと心配になりましたが、このままではどうにもならなくなりそうでしたもんね´д` ;

 

千空達が改造している間に名探偵スイカちゃんも大活躍!かわいい(о´∀`о)クロムを救出するには必要な情報もちゃんと持ってくるあたり…頼もしい存在です。かわいいだけじゃないんだよ〜。

 

 

 

捕らわれ中のクロムは、ある事実を目にします。しかし、どうしようもできない。

 


クロムを見やすい場所に捕らえているのは、撒き餌のような意味がありました。


司は予測していたんです。千空が仲間を見捨てない事や、どうやってここへ来るのか。

エスパーかってくらい千空の事をわかっているのに、敵だなんて…もったいないなぁと思ってしまうのは私だけでしょうか。

 

 


スチームゴリラはクロムを救出用の使い捨てで、一発勝負だと考えている千空。


そしてクロムの周りには、対千空用の対策がしっかりとしてあります。

んー、どう考えても劣勢ですよね。

 

 

この状況を何とかして伝えたいクロム。

しかしこの状態では伝えようがない…その時クロムは、はっと気づき決意します。

 

 

待っていて助けてもらうのではなく、俺が脱獄して千空達を助ける!と。

 

 

 

第5話はまた新しい科学と司の先見の明に驚かされましたが、千空の優しさにもじんわりくるところもありました。


しかし、今のままでは千空達が劣勢すぎます。クロムが脱獄できる事が鍵になりそうですね!

 

 

 

ということで、次回の『Dr.STONE』は

 

「PRISON BREAK」

 

 

 

 

 

マイケル!(°▽°)ぉぃ

『ブラック クローバー』162ページ kouのアニメシリーズ

f:id:koumeix:20210211145603j:image

こんにちは kouです。

 

 

162ページ 「大戦勃発」

 

 

 

前回のおさらい。

・スペード王国のゼノンとその仲間達が金色の夜明け団本拠地へ襲撃

・ヴァンジャンスの残した魔法"ユグドラシルの芽吹き"により団員達は一命をとりとめる

 

 


ハート王国で修行をしていたアスタは修行がひと段落したのもあり、フィンラルと一緒に黒の暴牛団のアジトへ戻っていた。

 

久しぶりの再会に話の花を咲かせていたアスタ達に突然の敵襲。


相手はスペード王国の人で1人…スペード王国の人、強すぎませんか?

今回襲撃に1人で来たこの人は、ダンテ・ゾグラティス。先週の放送で圧倒的な強さをみせた、ダークトライアドの1人です。

しかもこの人、戦闘中にもかかわらずバネッサに、

 


「君、私の女になりなさい」

 


とか言い出す始末。相当余裕なんでしょうね。

 

 

 

 


そしてこの男によって、ゴーシュは瀕死の状況に陥り、アスタは悪魔の感情を目覚めさせられ、悪魔の力が暴走し我を忘れてダンテに攻撃し続けます。

 

 

そしてやっと、アスタはダンテの頬に傷をつける事ができます。

 

 

ほんのかすり傷ですが、今まで数人がかりで攻撃しても、暴走して能力が上がっているアスタも全く歯が立たなかったのに、このかすり傷は大きな一手になったと思います。


アスタの暴走がおさまってきたのか、使いこなせてきたからなのかは謎ですが。

 

 

それまで笑みをこぼしながら相手をしていたダンテは相当癇に障ってしまったようで、目の色が変わります。その時の表情と言ったら…もうね、画面越しでもゾッとするんです。

 

 

どのくらいゾッとしたかと言うと(※妄想してみてください)…、捕食後の第10の使徒と目が合ってしまった時くらい。

 

 

 

ね?恐怖でしかないですよね。私なら瞬時に諦めます。

 

 


前回の放送と今回の放送で思ったのは、スペード王国の圧倒的な強さに勝てるビジョンがみあたらない(´・_・`)

 

しかも今回の襲撃はダンテだけではなく、ハート王国にもダークトライアドの1人ヴァニカ・ゾグラティスがいます。

彼女はハート王国の女王、ロロペチカに呪いをかけた張本人。

 

 

ハート王国とクローバー王国に迫った最大の危機をどう脱するのか、脱する事はできるのか…見逃せません。

 

 

 

ということで、次回ブラッククローバー


163ページ 「ダンテVS黒の暴牛団長」

 

 

 

 

 

ヤミ団長(*´ω`*)